不動産売却の契約書の見方

不動産売却時には、買主と売主が合意した条件を明らかにして、後々のトラブルを防止する目的で、売買契約書を作成するのが通例です。この契約書に関しては、仲介に入っている不動産会社のほうで準備をすることがほとんどですので、当然ながら、業界における標準的な様式の契約書が用いられることが多いといえます。そうした意味では、不動産売却にとって重大な事項が欠落してしまうようなことはまずないといえますが、念のために内容はしっかりと確認しておいたほうがよいでしょう。
不動産売却のための契約書に含まれる内容として、まず挙げられるのは、買主、売主の住所氏名や土地、建物の所在などの項目です。漢字や地番のミスなどは割としやすいものですが、所有権移転登記の際に問題となることがないように、かならずチェックすべき項目です。ほかにも、売却代金の金額や支払日についての項目もあり、これは代金の支払いをもって所有権が移転するという特約や、支払い拒否などの違約があった際の契約解除の規定とも連動してきますので、こちらも忘れずにチェックすべきものです。売却代金とともに、不動産会社に支払う仲介手数料の金額などもあわせて記載されているはずですので、売却代金がそのまま売主の取り分になるわけではなく、仲介手数料が引かれてしまうことも注意しなければなりません。ほかにも、土地の実測や境界確認、瑕疵担保責任の有無などの事項が書かれていることがありますが、記載内容によって売主の負担も違ってきますので、このあたりもチェックすべき項目です。